格安!激安!飛行機をお得に使いまくるためのサイトです。

飛行機旅行研究所

トップ >> ランキング >> 欠航率

飛行機・欠航率ランキング

欠航

日本の航空会社の欠航率をランキングにしました。欠航率とは、運航予定便数に占める欠航便の割合です。

欠航率は、羽田、伊丹、福岡など、離着陸設備の行き届いた大空港ほど、数字が少なくなる傾向があります。そのため、ローカル路線が少ない航空会社ほど、欠航率が低いのが一般的です。

逆に、空港施設が貧弱な離島路線や地方路線を多く持つ航空会社では、欠航率が高くなりがちです。

また、大雪や台風といった悪天候の影響を受けやすい北海道、沖縄エリアに便数を多く飛ばしている航空会社も、数字が高くなりやすいという特徴があります。

大手・中堅航空会社の欠航率(2019年度)

大手航空会社・中堅航空会社 欠航率ランキング
順位 航空会社名 欠航率
1位 ジェットスター・ジャパン 2.59%
2位 日本航空 1.29%
3位 日本トランスオーシャン航空 1.26%
4位 ソラシドエア 1.23%
5位 エアアジア・ジャパン 1.17%
6位 全日空 1.09%
7位 ピーチ 1.03%
8位 春秋航空日本 1.01%
9位 スターフライヤー 1.00%
9位 エアドゥ 1.00%
11位 スカイマーク 0.83%
12位 バニラエア 0.63%

※運航データは国土交通省(2019年度、国内線)。バニラ・エアは2019年9月をもって運航を終了

地域航空会社の欠航率(2019年度)

地域航空会社 欠航率ランキング
順位 航空会社名 欠航率
1位 天草エアライン 12.30%
2位 東邦航空 10.16%
3位 新中央航空 8.64%
4位 日本エアコミューター 7.26%
5位 琉球エアコミューター 4.04%
6位 オリエンタルエアブリッジ 3.86%
7位 アイベックスエアラインズ 2.90%
8位 フジドリームスエアラインズ 1.68%

※運航データは国土交通省(2019年度、国内線)

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP