トップ > 利用術 > Wi-Fi

機内でWi-Fiが使える航空会社は?

飛行機の機内でWi-Fi(無線LAN)が使える航空会社が増えてきました。国際線が主ですが、国内線でもWi-Fiが使用可能な会社もあります。

国内線の航空会社では、JALとANAが機内でWi-Fiが使えます。

機内Wi-Fiでのインターネット接続は、JAL、ANAとも有料です。

いずれの会社も、使える機種は限られています。すべての路線・機材でWi-Fiが利用できるわけではありません。

広告

JAL国内線「JAL SKY Wi-Fi」

JALは国内線で、無線LANサービス「JAL SKY Wi-Fi」を2014年7月23日から開始しました。システムは米Gogo社で、実効速度は1〜2Mbpsくらいです。動画なども見ることができる速度です。インターネット接続は有料です。無料の機内エンターテイメント(動画など)もあります。

JAL国内線でWi-Fiが使える区間

JALのWi-Fiが使える区間は、「JAL SKY NEXT」の運航路線です。羽田発着の主要路線には全て導入されています。

ただ、各路線の全便がWi-Fi搭載というわけではありません。「JAL SKY NEXT 対象便」のみがWi-Fi搭載です。「JAL SKY NEXT」便かどうかは、時刻表などで確認できます。

JAL国内線Wi-Fiの価格

JAL SKY Wi-Fiの国内線の価格は、2つのプランが設定されています。

時間制プラン
30分につき400円です。
フライトプラン
フライトごとに課金され、価格は利用端末と搭乗距離により異なります。
   450マイルまで    650マイルまで  651マイル以上
 スマートフォン   500円  500円   700円 
 タブレット  500円   700円   1,200円 

東京からですと、函館、広島あたりまでが450マイル以下、稚内と沖縄が651マイル以上です。それ以外は451〜650マイルです。

広告

ANA「Wi-Fi サービス」

ANAは国内線で、無線LANサービス「ANA Wi-Fi サービス」を2016年1月25日から開始しました。ANAが採用しているのは米パナソニック・アビオニクスの航空機向け衛星通信システム「eXConnect」です。

通信衛星を介してのWi-Fiサービスですので、機体の胴体には衛星通信用のアンテナが取り付けられ、ドーム状のカバーで覆われています。

ANAのWi-Fiの実効通信速度は明らかにされていません。機内の同時利用人数によって個々の端末の通信速度は変動します。

JAL同様、インターネット接続は有料ですが、無料の機内エンターテイメント(動画など)もあります。

ANAのWi-Fiが使える区間

ANAでは、B777,B787,B767,B737,A320の全てのクラスでWi-Fiサービスを導入していきます。国内の主要路線は全部網羅しますが、機材によっては未対応の場合もあります。

ANA国内線Wi-Fiの価格

ANAの機内Wi-Fiは、利用時間に応じた2つのプランがあります。料金は時間制ですが、利用のデータ量が15MBを超えると、一時的に回線スピードが遅くなります。

 料金プラン 40分
プラン 
 フルフライト
プラン
 価格  550円  1050円