トップ > 利用術 > コンセント

コンセントやUSB電源がついている航空会社は?

飛行機でコンセントやUSB電源があって、充電できる座席はあるのでしょうか。結論を書いてしまうと、いくつかのタイプの座席でコンセントまたはUSBの「シート電源」が付いています。しかし、かなり限られています。

おおざっぱに言うと、国内線では、JALではシート電源はありません。国際線では新シートでは全クラスでコンセントおよびUSB電源があります。

ANAではプレミアムクラスの一部では、各座席にコンセントなどのシート電源が付いています。エコノミークラス(普通席)でも、国際線はシート電源が付いている機材があります。

その他の航空会社では、スターフライヤーが全機材の全席でコンセントが装備されていて、スカイマークも初期機材を除くと全席コンセントが設置されています。

それ以外の国内線の飛行機では、JALやANAの大手航空会社も含めて、普通席にはシート電源がないのが一般的です。

広告

JAL国内線でコンセントのある座席

JAL国内線でコンセントを装備した座席はありません。

JAL国際線でコンセントのある座席

ビジネスクラス
全機種でコンセントがあります。USB電源も導入されていますが、一部の機材にはありません。
プレミアムエコノミークラス
「JAL SKY PREMIUM」シート導入機材はコンセント、USB電源があります。その他機材ではコンセントのみあります。
エコノミークラス
「JALSKY WIDER」シート導入機材はコンセントがあります。その他機材では設置されていません。

ANA国内線でコンセントのある座席

プレミアムクラス
プレミアムクラスの一部のシートでコンセントとUSB電源が設置されています。
普通席
ANA普通席でコンセントを装備した座席はありません。

ANA国際線でコンセントのある座席

ビジネスクラス
ボーイング787、773にはシートにコンセントとUSB電源が設置されています。772の一部機材にはシートにコンセントが設置されています。その他の機材では設置されていません。
プレミアムエコノミークラス
ボーイング787、773にはシートにコンセントが設置されています。その他の機材では設置されていません。
エコノミークラス
ボーイング787、773にはシートにコンセントが設置されています。その他機材では設置されていません。

スカイマークでコンセントのある座席

スカイマークでは、導入時期が古い1号機から10号機までを除いた機材には普通席のシート下にコンセントがあります。スカイマークは約30機ですので、3分の2の機材にコンセントがあります。

スターフライヤーでコンセントのある座席

スターフライヤーは、全ての座席にコンセントを装備しています。初期の1号機から4号機までを除いた機材には、さらにUSB電源も装備しています。スターフライヤーの機材は全体で10機程度です。

その他の航空会社でコンセントのある座席

上記以外の航空会社では、国内線でコンセントのある座席はありません。

その他の航空会社でUSB電源のある座席

ジェットスターの各座席にはUSB電源があります。充電も可能です。