トップ > 運賃 > スカイメイト

スカイメイトのしくみと使い方

スカイメイトとは、若者向けの飛行機の割引運賃です。JALやANAなどの会社で制度があり、おおむね22歳未満(エアドゥは26歳未満)が利用できます。会社にもよりますが、普通運賃にくらべて約半額になるという超お得な割引制度です。

原則としてスカイメイトでは予約はできません。搭乗日当日、空港で空席がある場合にのみ利用できます。満席の場合は乗ることができませんし、キャンセル待ちの優先順位も低くなっています。つまり、飛行機の「空席利用」で安く乗せてもらう、という意味合いが濃い運賃です。

スカイメイト制度のない航空会社でも、「学割」や「若者向け割引」を設けている会社もあります。それについては「飛行機の学割」の項目をご覧ください。

ここでは、スカイメイト割引のしくみと使い方について、わかりやすく解説していきましょう。

広告

スカイメイトは22歳以下が利用できる格安チケット

スカイメイトは、JAL、ANAの大手二社と、エアドゥ、北海道エアシステムなどが実施している割引運賃(格安チケット)です。利用できる年齢は満12歳以上から22歳未満です。エアドゥのみ26歳未満までです。対象年齢であれば学生でなくても構いません。社会人も利用することができます。

JAL、ANA、エアドゥなどの利用条件は、搭乗日当日の出発直前に、利用希望便に空席がある場合にのみ搭乗できます。割引率はおおよそ50%割引程度。つまり半額です。ただし、路線や時期によっては35%割引程度になります。とくに春休みや夏休み、ゴールンデンウィークには割引率は低くなります。空席さえあれば、ほぼ全ての路線で利用できます。

スカイメイトは予約ができませんので、予約検索の画面には価格が表示されません。その点はご注意ください。

スカイメイトの利用方法

JAL、ANAのスカイメイトを利用する場合は、それぞれのマイレージ会員になっておくのがスムーズです。ANAの場合は、マイレージ会員以外はスカイメイトを利用できません。マイレージ会員には、JALもANAも無料で加入できます。

スカイメイトを初めて利用する際は、マイレージ会員証と年齢を確認できる身分証明書を持って、空港のカウンターで航空券を購入します。マイレージ会員になっていない場合は、早めに空港に行けば、その場でマイレージ会員になることもできます。

2度目以降の利用をするときは、マイレージ会員証を持っていれば、自動チェックイン機で航空券を購入することができます。そのマイレージ会員証での年齢確認が終わっているためです。

エアドゥの場合は、年齢を確認できる書類があれば、それでスカイメイト割引で購入できます。

満席の場合は乗れない

利用希望便に空席が十分あれば、出発時刻よりかなり早い時間でもスカイメイト割引のチケットで搭乗手続ができます。しかし、利用希望便の空席が少なければ、一般客の搭乗手続が終わる出発20分前頃になるまで搭乗手続はできません。航空会社が空席が出ると判断した場合に、はじめてスカイメイト割引での搭乗が許可されます。

満席の場合は空席待ち(キャンセル待ち)もできます。ただし、キャンセル待ちの一般客がいる場合は、呼び出しの順番はその後になります。そのため、満席時に搭乗できる可能性は低いです。満席時のスカイメイト利用は期待しない方がいいでしょう。