トップ > 運賃 > 往復割引

飛行機の往復割引はどれだけお得?

飛行機でもっともベーシックな割引運賃が往復割引です。航空会社によっては「往復運賃」ともいいます。割引率は10%程度と低いですが、提供される座席数に制限がありませんし、予約変更も可能です。割引率は低いですが、便利なチケットといえるでしょう。

また、往復割引の場合、復路の予約が2ヶ月前以前であってもできるというメリットもあります。

往復割引を設定している会社はJALやANAといった大手航空会社と、ソラシドエアなどです。スカイマークやLCCには往復割引はありません。

ここでは、飛行機の往復割引について解説します。

広告

往復割引の基礎知識

往復割引(往復運賃)は、同じ区間を往復する場合の運賃です。片道運賃に比べて10%程度の割引率に設定されていることが多いです。

JALやANAの往復割引は普通運賃の一種で、出発前に往復の航空券を同時に予約・購入する必要があります。他の運賃との組み合わせで往復割引を使うことはできません。たとえば、株主優待割引と往復割引の併用はできません。

往復割引は予約変更が自由

往復割引の最大のメリットは、普通運賃と同様、払戻しや変更が出発時刻直前まで自由にできるという点です。当日に飛行機に乗り遅れそうになったら、出発時刻直前までに予約センターに電話すれば、次の便に無料で変更できます。もし乗らなくなっても、払い戻しの手数料は安く設定されています(400円程度)。

JAL、ANAは裏書も可能

JAL、ANAなどの往復割引運賃では、搭乗便を変更するとき、同じ区間を飛んでいる別の航空会社に変更することもできます。これを「裏書」といいます。裏書は航空会社は歓迎しないので、航空会社のホームページではあまり詳しく説明されていませんし、インターネット上での手続きはできません。裏書の手続については「普通運賃」をご覧ください。

こうした利便性が往復割引のメリットです。日程が流動的だったり、旅行が中止になる可能性があるときは、往復割引はおすすめです。

広告

往復割引のデメリットは「高い」こと

往復割引のデメリットは割引率が低いこと。簡単にいえば「高い」ことです。「旅割」「先得」などの事前購入型割引運賃に比べると、割引率10%というのは低いと感じられるでしょう。

往復割引はどういう時に活用できる?

往復割引は割引率が低く、「そんなにお得ではない」という印象を持つ人が多いようです。実際、もっと安い運賃が販売されているときは、そちらを買った方がいいでしょう。

ただ、往復割引は販売座席数の制限がなく、出発当日まで購入できるという点がメリットです。年末年始やゴールンデンウィークなど、他の割引運賃が高いときには活用できる割引といえるでしょう。