トップ > マイレージ > 比較

JALとANA、マイルのしくみはどう違う?

日本国内の航空会社のマイレージクラブは、JALとANAが2大陣営です。では、この2つのマイレージクラブを比較したら、どういう違いがあるのでしょうか。

じつは、JALとANAは、マイレージのしくみや基本的な制度設計、必要マイル数などはほとんど同じです。下に比較表を作ってみましたが、マイルの積算率や有効期限、特典航空券(無料航空券)をもらえる水準まで、ほとんど同じと言っていいでしょう。ですから、飛行機に乗ってマイルを貯める限りは、JALでもANAでも好きな方を使うといいでしょう。自分にとって便利な航空会社を使えばいいだけです。

ここでは、JALとANAのマイレージクラブを比較してみました。

広告

JALとANAのマイレージクラブを比較する

まずは、JALとANAのマイレージクラブの基本的な制度について比較してみましょう。以下に表を作ってみました。

 JAL ANA
プログラム名  JALマイレージバンク ANAマイレージクラブ
アライアンス  ワンワールド スターアライアンス
マイル有効期限  3年 3年
マイル購入  不可 不可
ツアーの積算率  50% 50%
正規割引の積算率  75% 75%
羽田〜札幌特典航空券  往復12000マイル 往復12000マイル
成田〜ハワイ特典航空券  往復35000マイル 往復35000マイル
成田〜ロンドン特典航空券  往復45000マイル 往復45000マイル


ご覧の通り、基本的なしくみは全くと言っていいほど同じです。マイルの有効期限は3年で、特典航空券で必要なマイル数も同じ。ツアーや割引運賃でのマイル積算率も同じです。これでは、どちらがよい、とはいえません。

つまり、飛行機に乗ってマイルを貯める分には、JALもANAも同じです。自分がよく利用する区間で便数の多い方を重点的に使う、程度の使い分けで良さそうです。

カードによるマイルの貯めやすさは?

実際には、マイルはクレジットカードで貯める人も多いのではないかと思います。したがって、マイルの貯めやすさは、クレジットカードのポイントの貯めやすさとほぼイコールである、といえなくもありません。

では、どのクレジットカードがマイルを貯めやすいのか、となると、どれにも一長一短があります。基本的には、JALならJALカード、ANAならANAカードを基本にして貯めていくのが効率的です。