トップ > 基礎知識 > 機内の過ごし方

飛行機の機内でどう過ごす?

飛行機の機内では、どう過ごしたらいいのでしょうか。座席に座っていれば時間は過ぎていきますが、せっかくだから楽しみたいですよね。

また、機内ではシートベルトを着けたり、電子機器の電源を切ったりなど、守らなければいけないルールもあります。乗り慣れた人なら当たり前のことも、初めての人には戸惑うこともあるでしょう。

ここでは、飛行機の搭乗から降機までの流れをわかりやすく説明しながら、飛行機の機内での過ごし方について解説していきます。

広告

荷物は収納棚か座席の下に

飛行機に乗ったら、まずは荷物を頭上の収納棚か座席の下に置きます。離着陸時にハンドバックなどを抱えていることはできません。空いている座席に荷物を置いておくこともできません。離着陸時の衝撃でどこかに飛んでいってしまうことがあるからです。

座席に座ったら常にシートベルトを

座席に座ったらシートベルトを締めます。これは常に締めておくことが原則です。上空に至り水平飛行に移るとシートベルトサインが消えますが、それでも座っているときはシートベルトを常に締めておくべきです。

ごくまれにですが、飛行機はエアポケットに入り大きく揺れることがあり、シートベルトを着けていないと身体が飛ばされて大けがをすることがあります(実際に事故は起きています)。

電子機器の電源は切る

飛行機に乗った場合、離着陸時は全ての電子機器の電源を切らなければなりません。携帯電話やスマホはもちろんのこと、デジタルカメラやゲーム類も例外ではありません。飛行機の運航に障害が出る可能性があるからです。

水平飛行中は、電波を発する電子機器以外は電源を入れることができます。スマホは「機内モード」にしておきましょう。

トイレに行けるタイミングは短い

飛行機では、旅客が立って歩けるのはシートベルト着用サインが消えているときだけです。したがって、トイレに行くのもシートベルト着用サインが消えているときだけで、水平飛行中に限られます。離着陸時のトイレ使用はできません。

そのため、離陸後水平飛行に移った直後と、着陸前はトイレが混雑します。トイレを利用する際は、なるべくこのタイミングを外しましょう。

機内サービスはどんなのがあるの?

国内線のエコノミークラスの機内サービスは、大手航空会社の場合で、無料のソフトドリンクサービスと、毛布の貸し出しがあります。ファーストクラスやプレミアムクラスでは、機内食のサービスがあります。

LCCでは、ソフトドリンクも有料で、毛布の貸し出しもありません。機内サービスの詳細については、「飛行機の機内サービス国内線まとめ」もご覧ください。

国際線では、エコノミークラスでも機内食が出されますし、ドリンクも無料です。機内映画もあります。ビジネスクラスやファーストクラスでは、豪華な食事も提供されます。