格安!激安!飛行機をお得に使いまくるためのサイトです。

飛行機旅行研究所

トップ >> 基礎知識 >> 遅延欠航保険

飛行機に遅延欠航、乗り遅れに備える保険

飛行機に乗るとき、不安なのは遅延や欠航です。遅延や欠航が発生した場合に補償してくれる「保険」もあります。また、飛行機の乗り遅れをカバーしてくれる旅行保険もあります。

遅延・欠航・乗り遅れなどを補償してくれる保険は、最近増えてきています。詳しくご案内しましょう。

飛行機の遅延・欠航に備える保険(国内旅行)

飛行機の国内線の遅延・欠航で補償を受けるには、基本的に国内旅行保険に加入する必要があります。クレジットカードにこうした旅行保険が付帯している場合もありますが、それでもかまいません。なんであれ、国内旅行保険に加入することが前提です。

その旅行保険に、「航空機遅延特約」や「航空機欠航特約」が設定されていれば、保険加入者に対して特約として遅延・欠航に対する補償があります。

たとえば三井住友海上の国内旅行保険では、「航空便遅延費用補償特約」という特約があり、「出航遅延費用等保険金」として、搭乗予定の飛行機が出航予定時刻から4時間以上遅れた場合や、欠航、運休なった場合に、負担した費用(食事代金)を補償してくれます。

AIUの国内旅行保険では、「航空機欠航・着陸地変更による宿泊費用保険金支払特約(国内旅行傷害保険特約用)」という特約があり、飛行機が欠航したり予定外の場所に着陸してしまった場合に、宿泊費などで最大1万円を補償してくれます。

これらの特約のみで保険に加入することはできず、死亡保障などがセットになった国内旅行保険に加入した場合に、特約で付帯させることができる、というものです。国内の旅行保険で、こうした「航空機遅延・欠航特約」が付いているものは多くありませんが、少しずつ増えています。

補償内容は最大で1万円程度なので、それほど大きな補償が得られる、というわけではありません。そのかわり、特約に対する保険料はそれほど高くありません。

LCCのジェットスターでは、遅延に対して「見舞金」を支払うオプションもあります。これも遅延保険の一種です。

飛行機の遅延・欠航に備える保険(海外旅行)

海外旅行の場合は、海外旅行保険に「航空機遅延特約」が付帯している場合が増えてきました。保険会社によって保険内容は異なりますが、おおざっぱにいって、飛行機が6時間以上遅延したり、欠航、運休した場合に、かかった宿泊費や食事代に対し、最高2万円程度の保険金が支払われる、というものです。

国内旅行では4時間の遅延が保険金支払いの目安ですが、海外では6時間の遅延が目安です。

国内旅行保険に比べ、海外旅行保険の航空機遅延特約はポピュラーですので、加入しやすいでしょう。

航空券代金が戻ってくるわけではない

航空機遅延・欠航特約で注意しなければならないのは、遅延や欠航が起きたからといって、支払った航空券の代金が戻ってくるわけでもなければ、代替便のチケット代を負担してくれるわけでもない、という点です。宿泊費や食事代を負担してくれる、というだけの話です。

最大補償金額は、国内で1万円、海外で2万円が相場です。旅行をする方なら、1万円や2万円は自分で負えるリスクの範囲内でしょうから、わざわざ遅延・欠航補償を探して加入するほどの内容ではありません。

なお、欠航の場合は航空券代金は航空会社から払い戻されますし、遅延の場合も後続便などが航空会社の責任で用意されます。

旅行保険

飛行機のキャンセルや乗り遅れに対する保険

病気などで飛行機を使った旅をキャンセルしたり、日程変更をせざるをえなくなった場合に補償してくれる保険特約もあります。「旅行変更費用補償特約」や「キャンセル補償付き旅行保険」などとして販売されています。保険会社によりますが、国内旅行保険、海外旅行保険のいずれでも設定はあります。

補償内容は、1親等内の親族の死亡や、旅行者自身の怪我や病気による入院が生じた場合に、飛行機のキャンセル費用を補償してくれる、というものです。

また、飛行機に乗れなかった場合に補償してくれる保険は、LCCの一部の会社が、自社利用者向けに出しています。たとえば、ピーチ・アヴィエーションでは「チケットガード」という保険があり、急な病気や、空港までの交通機関が遅れて乗れなかったりした場合に、チケット代を補償してくれます。

いずれの保険でも、寝坊などの自己責任でのキャンセルや乗り遅れは補償の対象外です。

遅延・欠航特約付き旅行保険の入り方

遅延欠航特約も含めて、旅行保険に入るには、当該の保険会社で申込みをします。ツアーで旅行申込みをした場合は、その旅行会社でも保険に入ることができます。

遅延欠航補償だけで保険に入ることはできません。国内旅行保険や海外旅行保険のなかで、遅延欠航特約が付いているセットを選んで、加入します。

クレジットカードの付帯保険の場合は、補償内容を確認してください。もし、カード付帯保険に遅延欠航補償が付いていなければ、別途旅行保険に一から入り直し、遅延欠航特約を付けなければなりません。

※補償条件や内容は、保険会社によって異なりますので、加入する場合はご自身でお確かめください。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP