トップ > 利用術 > 安く乗る方法

飛行機に安く乗る方法

飛行機に安く乗る方法を考えてみましょう。格安航空券や割引運賃を使うのが基本的な方法です。格安航空券や割引運賃は航空会社のホームページで販売されていますし、旅行会社で買うこともできます。

スカイマークなどの中堅航空会社や、格安航空会社LCCを使うのも一つの方法です。LCCを使えば、JALやANAといった大手航空会社よりかなり安く飛行機に乗ることができるでしょう。

ただし、大手でもLCCでも、安いチケットを買うには注意点もあります。変更ができず、キャンセル料も高い点です。また、出発間際では安いチケットはあまりありません。

ここでは、飛行機に安く乗る方法を、さまざまな角度からまとめてみました。

広告

JALやANAの割引運賃を使う

飛行機に安く乗ろうと考えたら、まずはJALやANAの割引運賃を使うことを考えましょう。2ヶ月くらい前なら正規運賃の7割〜8割引という格安チケットが航空会社のホームページで購入できます。

詳しくは「割引運賃の種類としくみ」をご覧ください。

スカイマークを使う

JALやANAの割引運賃は、1ヶ月くらい前までは安いですが、出発1ヶ月前を切ると急激に値段が上がってきます。そういう場合は、スカイマークのチケットを狙ってみるといいでしょう。スカイマークは、JALやANAに近い水準のサービスや定時性があり、なおかつ直前の値段もお手頃です。

LCCを使う

出発日時が迫ってきたら格安航空会社LCCも選択肢です。運航している区間はかなり限られますが、自分の利用したい区間で運航していれば、もっとも安く飛行機に乗れるでしょう。格安航空会社には、成田拠点のジェットスターやバニラエア、関空拠点のピーチなどがあります。

ただし、LCCは会社ごとにルールが定められており、手数料も高めなので利用する際はよく調べてからにしましょう。

LCCについては、「格安航空会社LCC研究所」で詳しく解説してあります。

広告

出発間際に安く乗る方法

7日前や、前日とか、出発間際に飛行機を安く乗るには、上記のうち「LCC→スカイマーク→JALやANA」の順で調べていくと安いチケットが探せます。

また、自分の利用したい区間で安いチケットがない場合は、近くの違う空港へのフライトも検討しましょう。たとえば、羽田〜熊本で安いチケットがない場合は、「羽田〜福岡」や「成田〜福岡」なら安い航空券が見つかるかもしれません。福岡から熊本はバスなどの手段を使えばいいのです。

一般的に、札幌、東京、大阪、福岡、那覇などの拠点空港間を結ぶ路線は競争が激しいので安いチケットも豊富に出回っています。ですから希望の利用区間で安いチケットが見つからない場合は、最寄りの拠点空港間のチケットを探せば、安いチケットが見つかりやすくなります。

日程をチケットに合わせる

日程が決まっていない場合は、安いチケットが購入できる日に日程を決めてしまうと安く旅をできます。日程をチケットに合わせるのです。そして日程を決めたら、何が何でもその便で乗ることが、飛行機に安く乗る大事なポイントです。

キャンセル料に注意

安い航空券は予約変更ができず、たいていの場合キャンセル料が高めに設定されています。1ヶ月も2ヶ月も前から予約すればチケット自体は安いですが、日程が少しでもずれてしまったら、高いキャンセル料を支払ってチケットを買い直さなければならなくなります。

パッケージツアーを使う

飛行機に安く乗るには、旅行会社のパッケージツアーを使うのも一つの方法です。「航空券+ホテル」で格安のツアーを出している旅行会社はたくさんありますので、そうしたツアーを使うことで、飛行機に安く乗ることができます。

パッケージツアーについて詳しくは、「パックツアーで安く乗る」の項目をご覧ください。