トップ > 利用術 > 満席便に乗る

飛行機の満席便に乗る方法は?

予約しようと思った飛行機が満席だったら、どうしたらいいでしょうか。諦めて他の便を取ってしまうのも一つの方法ですが、粘れば乗りたい便に乗れるかもしれません。

飛行機で満席便に乗るには、予約のキャンセル待ちに申しこむ方法が一般的です。が、それだけではありません。インターネットで空席が出るタイミングを見計らって検索をかけてみたり、旅行会社経由で申しこむなど、さまざまな方法があります。当日空港でキャンセル待ちに並ぶこともできます。

ここでは、乗りたい飛行機が満席だったときのための方法をわかりやすく解説しましょう。

広告

航空会社の予約キャンセル待ちに申しこむ

インターネットの空席検索をしたときに、乗りたい便が「満席」だったらどうしたらいいのでしょうか。

JALやANAならば、「キャンセル待ち」での予約申込みができます。申し込んでおくと、空席が出たらメールで連絡をくれます。電話での申込みもできます。その場合は電話で連絡がもらえます。こうしたキャンセル待ちは出発2日前までが限度です。キャンセル待ちはマイレージ会員だけが申しこめます。

気になるのは、こうしたキャンセル待ちで空席が出るのか、という点です。これについては、出発まで2週間以上あれば、キャンセル待ちで空席を確保できる可能性はかなり高いです。まずは、キャンセル待ちをしましょう。

同区間の他の便を予約しておく

キャンセル待ちをするときに、同じ日の同区間の便で空席があれば、とりあえず予約して、航空券を買ってしまいましょう。希望便のキャンセル待ちで空きが出れば、チケットをキャンセルせずに変更することができます。

このとき、購入するチケットは「予約変更可」のものにしておきます。

旅行会社のツアーも探してみる

JTBなどの大手旅行会社では、航空会社のホームページにでる空席とは別枠で飛行機の座席を確保しています。パックツアーを申しこめば、そういう座席を使って飛行機に乗ることが可能です。希望の便を使えるパックツアーがないか、旅行会社に尋ねてみるといいでしょう。

スカイマークで空席を見つけるコツ

スカイマークには、大手航空会社のようなキャンセル待ちの制度はありません。キャンセルが発生したときはオンタイムで空席に反映されますので、検索をこまめにしていればキャンセルをゲットできます。

また、航空券の購入期限切れ(未購入)によるキャンセル発生の場合は、毎日深夜0時半から2時頃にかけて、1日に出た空席がまとめて検索に反映されるようになります。ですから、夜更かししてチェックしておくと空席が見つかるかもしれません。

当日、空港で空席待ちする

出発当日までどうしても席が取れなかったら、当日空港で空席待ちをすることもできます。予約が満席でも当日空港で空席が出ることは多いです。

空港でのキャンセル待ちの方法については、「キャンセル待ち」の項目をご覧ください。