トップ > 利用術 > ファーストクラス

飛行機の国内線ファーストクラスとは?

飛行機の日本国内線で「ファーストクラス」を設置しているのはJALだけです。JALが設置している国内線最高級クラスです。

ANAの最高級クラスは「プレミアムクラス」といいます。JALの「ファーストクラス」とANAの「プレミアムクラス」が同水準です。

国内線JALファーストクラスは、国内線の運賃にプラス8000円で利用できます。羽田〜札幌、伊丹、福岡、那覇といった基幹路線のみに設置され、席数もわずか14席程度と限られたサービスとなっています。

ここでは、JALの国内線ファーストクラスについて、わかりやすく解説します。

ANAのプレミアムクラスについては「「プレミアムクラス」をご覧ください。

広告

JAL国内線ファーストクラスのシート

JAL国内線ファーストクラスはボーイング777-200型機と、767-300ER型機に設置されています。777-200の場合、前方に2席ずつ7組が配置されています。767-300は、前方1列に5席が配置されています。

シートピッチ(座席の前後間隔)は130cmで、1席の占有スペースは普通席の約2.7倍の広さになっています。コンソールで隣席と仕切られており、1席ずつプライベートな空間になっています。手元を照らせる読書灯や、眼鏡などの身の回り品の収納スペースも設けられています。

JAL国内線ファーストクラス

シートは通常時27度、最大132度のリクライニング。低反発素材を使ったクッションは快適です。レッグレスト、フットレストも装備し、包まれるように眠ることができます。

JAL国内線ファーストクラスの食事・飲み物

JAL国内線ファーストクラスでは、機内食が出ます。内容は時間帯によって異なります。

出発時刻が10時台までが朝食帯、11時〜16時台までが中間帯、17時以降が夕食帯となっています。食事は暖かく、きちんと皿にも盛られており、品質の高さには定評があります。ただし、それほどボリュームはありませんので、若い人には足らないでしょう。

ドリンクはシャンパン、カクテル、ビール、ソフトドリンクがあり、アルコールも無料です。

広告

JAL国内線ファーストクラスの空港サービス

JAL国内線ファーストクラスを利用する場合は、専用のチェックインカウンターを利用でき、さらに、一部空港では専用の保安検査場を利用できます。

空港ラウンジとしては、「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」(羽田空港)、「サクララウンジ」を利用できます。機内への搭乗も優先されます。また、受託手荷物は45kgまで無料、到着後は最優先で荷物が出てきます。

JAL国内線ファーストクラスの割引運賃

JAL国内線ファーストクラスには、往復割引、小児普通運賃、シャトル往復割引、JALビジネスきっぷ、身体障がい者割引、特便割引、株主割引などの割引運賃があります。基本的には、当該割引運賃の普通席の価格に8000円を足したものがファーストクラスの価格になります。一部の割引運賃では、販売座席に限りがあります。繁忙期には割引運賃の座席は絞られます。

JAL国内線ファーストクラスの利用価値

JAL国内線ファーストクラスは、どの路線でもプラス8000円という一律料金です。当然、搭乗時間の長い羽田〜沖縄線で利用価値が特に高く、人気も高いようです。

また、45kgまで荷物が無料というのも見逃せません。荷物が多い人にとっては、8000円で大量の荷物を運ぶことができるのはメリットでしょう。

食事に関しては8000円で元が取れるようなものではありませんが、空港で販売されている「空弁」と比べると1500円〜2000円程度の価値はありそうです。

普通席の2倍以上の専有面積を考えると、とくに混雑期には利用価値が高そうです。逆に、羽田〜伊丹線のような短距離路線では、あまりコストパフォーマンスは高いとはいえません。実際、伊丹線のファーストクラスは業務用で搭乗する「偉い人」がほとんどのようです。

一般人が自腹で乗るのなら、羽田〜札幌、福岡、沖縄の3路線がよく、とくに混雑時の沖縄路線はおすすめです。