トップ > 運賃 > 格安航空券

国内線格安航空券の買い方、使い方

飛行機の国内線の格安航空券はどんな種類があって、どうやって買えばいいのでしょうか。また、使い方はどうすればいいのでしょうか。

飛行機の値段は高いので、格安航空券を利用したい、と考えている人も多いでしょう。国内線でも格安航空券は豊富にありますし、使い方も難しくはありません。ただ、キャンセル料が高い、予約変更ができない、などの制約があります。

ここでは、国内線の格安航空券の買い方、使い方についてわかりやすく解説していきましょう。

広告

格安航空券は航空会社ホームページで探せる

格安航空券というと、小さな旅行会社とか、金券ショップなどで販売されていると考えている方もいらっしゃいます。しかし、国内線に関してはそうした航空券はほとんどありません。国内線の格安航空券の多くは、航空会社のホームページで探せます。

航空会社のホームページで格安航空券を探すのは簡単です。予約画面から、日程や人数、利用区間を入力すれば、その時点で購入できるチケットの価格が表示されます。普通運賃より安い割引運賃で販売されるチケットが「格安航空券」です。

こうした格安航空券について、詳しくは「飛行機の割引運賃」の項目をご覧ください。

パックツアーで安く行く

航空会社のホームページでは探せない航空券もあります。それは団体用のチケットです。

旅行会社には団体旅行用に航空券が卸されています。これは現地のホテルとセットで販売されています。「ホテル+往復航空券」という形です。この場合、「ホテル+往復航空券」の価格がチケットの定価(往復運賃)より安いことがあります。こうしたツアーを「格安航空券」として販売している会社もあります。

「ホテル+往復航空券」のツアーを申しこんでホテルに宿泊しないでも問題はありません。もちろん、ホテルに泊まることもできます。

こうした格安パックツアー(パッケージツアー)はネットでも簡単に申しこめます。また、「ダイナミックパッケージ」という仕組みを使えば、自由に利用区間やホテルを組み合わせることができます。

詳しくは「パックツアーで安く乗る」の項目をご覧ください。

格安航空券の使い方

格安航空券といっても、使い方は普通の航空券と同じです。Eチケットの控えを当日空港に持っていき、搭乗手続(チェックイン)をするだけです。

格安航空券利用の注意点

格安航空券を利用する場合、注意しなければならないのは、原則として予約変更ができない、という点です。チケットは利用予定の便だけに有効です。もし便を変えたいなら、キャンセルして買い直すしかありません。

そして、困ったことに、キャンセル料は高額に設定されています。航空会社のホームページで購入した場合でも、キャンセルには数千円かかります。旅行会社で申しこんだツアーの場合、おおむね20%〜50%くらいのキャンセル料がかかります。キャンセル料は申込時に明示されますので、よく確認してください。

格安航空券で乗り遅れた場合

格安航空券で乗り遅れてしまった場合は、そのチケットは無効です。ただし、手数料を支払えばいくらかの返金がなされることが多いです。返金は10日以内に申し出ることが必要です。乗り遅れてしまったら、とにかく予約センターに連絡しましょう。