トップ > マイレージ > クレジットカード

マイルが貯まりやすいクレジットカードまとめ

マイルの貯まりやすいクレジットカードには、どういったものがあるのでしょうか。あまり貯まらないけれど年会費が安いのもあれば、年会費は高くても抜群に貯まりやすいカードもあります。一言で「マイルの貯まるクレジットカード」といっても、さまざまな違いがあります。

利用者の生活スタイルによっても貯まり方は異なります。自分が普段利用する鉄道会社やスーパーに関連したクレジットカードのほうが、マイルが貯まりやすいという側面もあるでしょう。

ここでは、飛行機旅行をするための、マイルの貯まりやすいカードについて考えてみましょう。

広告

ANAアメリカン・エクスプレスカード

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、ANAとアメリカン・エキスプレスが提携し、発行するマイルが貯まるクレジットカードです。充実したサービスと高いマイル還元率で人気です。

  • クレジットカード利用100円につき1ポイント(1マイル相当)
  • ANAカードマイルプラス提携店を利用するとポイントに加え、マイルも自動加算
  • ANAグループでの利用でポイント1.5〜2倍
  • ANAのフライト利用で区間基本マイルプラス10〜25%のボーナスマイルを付与
  • 翌年度以降カードを継続すると1,000〜2,000マイルプレゼント
  • Edy利用200円につき1マイル付与
  • 年会費7000円(税別)

ANA VISA SUICAカード

「ANA VISA SUICAカード」は、ANAと三井住友VISA、JR東日本が提携したクレジットカードです。ANAカードの基本機能に加え、電子マネーSUICAを搭載しています。SUICAの利用でもマイルが貯めることができる唯一のANAカードです。SUICAをチャージする際、利用すると1,000円ごとに1ポイントのワールドポイントが付与されます。このポイントをマイルに交換できます。

ワールドポイントのマイルへの還元率は6,000円(税別)の手数料を支払うことで1ポイント10マイル換算となる10マイルコースと、手数料無料で1ポイント5マイル換算となる5マイルコースの2種類があります。

  • ワールドポイントをマイルに移行・・・1ポイントにつき5マイル、または、1ポイントにつき10マイル(※手数料6,000円)
  • グルメマイル対象店舗での利用・・・100円につき2マイル
  • ANAで飛ぶたびに区間基本マイル+10〜25%のボーナスマイル
  • 翌年度以降毎年カードを継続すると+1,000マイル
  • 年会費2,000円

JALカード

JALとJCB、VISA、MASTER、ダイナースクラブが提携し発行するクレジットカードです。カードに入会すると入会ボーナスが最大1,000マイル、初回搭乗の際1,000〜5,000マイル、次年度以降も初回搭乗の際1,000〜2,000マイルのボーナスマイルがもらえます。さらに、フライトで利用すると区間基本マイル+10〜25%のボーナスマイルを獲得できます。

クレジットカード利用200円につき1マイルが原則ですが、JAL特約店で買い物すると100円につき1マイルになります。また、ショッピングマイルプレミアム(有料)に登録すると全ての買い物で100円に付き1マイル(特約店は2マイル)貯まるようになります。

  • フライトの区間基本マイル+25%
  • クレジットカード利用200円につき1マイル(JAL特約店の場合2マイル)
  • ショッピングマイル・プレミアム(2000円)に加入すると100円につき1マイル、特約店の場合2マイルを自動的に加算
  • 翌年度以降も初回搭乗の際+2,000マイル
  • 家族プログラム参加で家族のマイルを合算可能

JAL・Visaカード
JALゴールドカード