トップ > 利用術 > 機内の過ごし方

飛行機の機内で快適に過ごす方法

飛行機は快適な乗り物ですが、シートは狭いし、リクライニングも深く倒せませんし、窮屈な点もあります。また客室内は乾燥していますし、寒かったり暑かったりすることも。

短時間の国内線なら「我慢すればいい!」という人もいるようですが、短時間でも快適なほうがいいですよね。ましてや、10時間以上も乗るような長距離国際線は、快適さは大事です。

ということで、ここでは、飛行機の機内で快適に過ごすための、ちょっとしたコツや工夫をお教えしましょう。

広告

快適にすごすための基礎知識

飛行機の機内には、以下のような特徴があります。

  • 飛行中に客室内の気温は変化する。だいたい22〜26度くらいが標準。
  • 機内は乾燥している。湿度は20%以下になる。
  • 気圧は約0.8気圧程度。標高約2,000mの山と同じような環境。
  • 飛行機の離陸・着陸時の15〜30分間に気圧の変化が起こる。
  • そのため、体調が悪いと耳が詰まったりする(航空性中耳炎)。
  • 座席は狭くて窮屈。
  • 飛行中は明るい。ただし、国際線や夜間フライトでは減灯することもある。

これらのことを頭に入れて、快適に旅するための準備を考えましょう。

マスクが大事なアイテム

飛行機に乗るときに、まずは持っていきたいのがマスクです。機内は乾燥していますので、喉が乾きやすいのですが、マスクがあればラクになります。また、とくに冬季は機内で風をうつされたりしやすいので、その対策にもなります。短いフライトでも、マスクはもっとも重要な機内アイテムです。

マスクを選ぶときは、顔を覆う面積が広いものにしましょう。顔を覆う面積が広ければ、肌の乾きも抑えられます。

アイマスクは機内の明るさ対策に

飛行機の機内は原則として明るいです。長距離フライトでは暗くなる時間もありますが、国内線や、国際線でも数時間の短距離ですと、機内は明るいまま。寝ようと思っても明るくて寝にくい、ということもあります。

また、機内が暗くなっても隣の人がライトを付けて寝にくい、ということもあります。そんなときにアイマスクは便利です。

さらに、アイマスクとマスクを両方着けると、肌の乾燥からかなり身を守れます。

広告

耳栓も便利

機内では、ちょっと声の大きい人もいたりします。耳栓があると快適です。ただし、耳栓で気圧の変化への対策にはなりません。

飴玉は気圧の変化の対策に

機内の気圧変化への対策として、飴玉を持っておくと、つばが飲み込みやすくなります。耳が痛くなったときに舐めてみましょう。

毛布をもらうか、上着を手元に置いておく

寒さ対策として、毛布をもらっておきましょう。大手航空会社なら毛布は無料で貸してくれます。格安航空会社LCCの場合は毛布は用意されていなかったり、用意されていても有料なので、上着を手元に置いておくといいでしょう。

通路側に座る

長距離路線に乗る場合は、窓の景色より動きやすさが大事です。身体を動かしやくするために、通路側に座るといいでしょう。

スリッパ、サンダルもあると便利

長いフライトでは、スリッパやサンダルがあると便利です。足のむくみが抑えられます。機内を出てからも、宿泊先のホテルなどでも役立ちます。

音楽を聴く

機内で退屈した場合は、映画を見たりすることもできますし、テレビゲームやタブレットもいいですが、酔う原因にもなります。酔いやすい方は、音楽を聴いているほうがリラックスできるでしょう。