トップ > 運賃 > 直前割引

飛行機の直前割引まとめ

飛行機には直前でも利用できる割引があります。こうした「直前割引」を上手に使えば、急に思い立った旅行でも安く行くことができます。

ここでは、搭乗7日前以降、前日までに予約できる飛行機の直前割引と予約方法をまとめてみました。

なお、搭乗日当日に予約ができる割引は「飛行機の当日割引と予約方法」をご覧ください。

広告

飛行機の直前割引の種類

飛行機の直前割引は以下のような種類があります。

  • JAL「特便割引」……搭乗1日前または3日前、7日前まで予約可能
  • ANA「特割」…搭乗1日前または3日前まで予約可能
  • スカイマーク「前割」…搭乗1日前、3日前、7日前まで予約可能
  • エアドゥ…「DOバリュー」…搭乗1日前または3日前まで予約可能。
  • ソラシドエア…「特売り」……搭乗1日前または3日前、7日前まで予約可能
  • スターフライヤー「STAR」…搭乗1日前または3日前、7日前まで予約可能

いずれも、いわゆる事前購入割引で、基本的には出発日が近づくにつれて値段が高くなっていきます。直前割引のシステムは、ほとんどがこうした「だんだん高くなる」という形です。直前になってもこうした割引運賃を使うことで、安く旅をすることができます。

これらの予約方法は、通常の割引運賃と同じです。各航空会社のウェブサイトや、電話予約センターで予約できます。

また、上記のほかに、「株主優待割引」や「ビジネスきっぷ」「道民割引」「スターQ割」といった特定の人に向けた割引運賃は、当日でも割引で利用できます。これらについては、「飛行機の当日割引と予約方法」をご覧ください。

広告

空席が多いと直前に安くなる?

では、空席が多いときに直前に安くなる、という割引形態はあるのでしょうか。こうした割引は、JALやANAにはありません。ソラシドエアには、「カケコミWEB割」という搭乗日の7日前に対象便と運賃額を発表する割引システムがあります。この割引は、空席が多いと7日前に価格が安くなります。

スカイマークは「U21直前割」と「シニアメイト1」という割引があり、前日までに空席があれば、空席数に応じて格安で利用できます。ただし、U21は22歳未満、シニアメイトは60歳以上です。22歳〜59歳の方は、これらの割引を利用することはできません。

ピーチやジェットスター、バニラエア、スプリングジャパンなどのLCCと、スカイマークは、空席連動型運賃を採用していますので、直前でも空席が多ければ安くなる仕組みです。

ただ、この場合も、直前になればなるほど価格は上がっていくことが多いので、「3日前に突然安くなる」ということはあまりありません。

ホテルとは違う

ホテルは当日割引や直前割引が豊富で、「オフシーズンはギリギリまで予約をしない」というのも安く旅をするための一つの技術です。一方、飛行機はホテルとは違い、当日空席が多いと突然安く売る、という仕組みがありません。

ですので、安く乗りたいなら、早くチケットを買うのが基本です。「直前でも安く乗る方法はありますが、直前になって安くなることはほとんどない」というのが飛行機の価格のセオリーです。