トップ > 基礎知識 > 変更

飛行機の予約を変更するには?

飛行機のチケット(航空券)の変更方法をご案内します。

まず、航空券は変更できるチケットと変更できないチケットがあります。普通運賃(片道運賃、往復割引運賃、小児運賃)は変更できるチケットです。割引運賃で変更可能なチケットは少なく、株主優待運賃、ビジネスきっぷなどに限られます。

ここでは、どんなチケットが変更可能かを説明し、変更可能な運賃でのチケット変更方法や、何が変更できるのかについてわかりやすく解説します。また、変更不可の運賃で買ったチケットが乗れなくなった場合の対応方法にも触れておきます。

広告

変更できるチケット、できないチケット

航空券は、大きく分けて「予約変更できるチケット」「予約変更できないチケット」の2種類に分かれます。

予約変更できるチケットは、さらに「搭乗日・時間が変更できる」「区間が変更できる」「搭乗者名が変更できる」といった変更可能な内容が違います。また、「無料で変更できる」「有料で変更できる」といった変更手数料の違いもあります。

そして、どんな航空券でも、基本的に変更可能な日にちは限られています。

このように、「変更できるチケット、できないチケット」といってもいろいろな意味があります。

普通運賃タイプは搭乗便の変更可

航空券の基本となる運賃は普通運賃(片道運賃)です。普通運賃に準ずる基本的な運賃としては、往復割引運賃、小児運賃があります。

これ以外にも株主優待運賃、身体障がい者運賃、介護割引運賃も、変更のルールは普通運賃に準じます。

こうした「普通運賃タイプ」は、「搭乗日・時間の変更」はほぼ自由で無料です。しかし、「区間」「搭乗者名」の変更はできません。変更ができない場合でも、数百円の払戻手数料を支払えば予約を取り消すことができ、新しく予約を取り直すことで変更できます。

広告

事前割引運賃は変更不可

「早割」「旅割」「特割」「バーゲン」などといった事前割引型運賃は、基本的には予約変更はできません。予約した便にしか乗れません。

一部には、手数料を払えば変更できるチケットもあります。

LCCは運賃次第で変更可能

格安航空会社LCCの一番安いチケットは変更不可が原則。払戻も一切行わないとお考えください。ただ、チケットの購入時に少しの割増料金を払えば「日付変更可」にすることも可能です。

たとえば、ジェットスターの「プラス」は、1000円程度の追加料金で、日付変更が可能になります。そのほかにも、手数料を払えば変更可能になるチケットもあります。

LCCは原則として払い戻しができないので、「変更可能」な運賃を選んでおいた方がいいでしょう。

変更はネットか電話で

予約変更はインターネットか電話で行います。普通運賃で搭乗便を変更するだけなら、ネットで行えばいいでしょう。各ホームページの「予約確認」などのページから自分の予約記録を確認し、違う便への変更が可能です。

複雑な変更を行う場合は、予約センターに電話したほうがいいでしょう。複雑でなくても、変更に関しては電話で行ったほうが早いです。

ただし、LCCでは電話による取扱いは手数料を別途取られることもありますので、ご確認ください。