格安!激安!飛行機をお得に使いまくるためのサイトです。

飛行機旅行研究所

トップ >> 基礎知識 >> 欠航対応

飛行機が欠航したらどうすればいい?

飛行機の欠航には「会社都合による欠航」と「不可抗力による欠航」があります。どちらの欠航なのかによって、航空会社の扱いは違います。利用者がどうすればいいのかも、欠航理由によって変わります。

このページでは、飛行機が欠航したときの対応方法について、わかりやすくご案内します。

会社都合か不可抗力か

飛行機の欠航には、「会社都合」と「不可抗力」の2つのパターンがあります。「会社都合」とは、機材故障やシステム障害など、航空会社に責任があるものです。一方「不可抗力」とは、大雪や台風など自然災害によるものです。鳥がエンジンに衝突する「バードストライク」も不可抗力に含まれます。

会社都合と不可効力では、航空会社の欠航時の対応が大きく異なります。この違いは頭に入れてきましょう。

欠航時の航空会社の対応

欠航時の航空機の対応は「返金」と「振替」が大きな柱です。

返金は、文字通りお金を返すこと。お金は返ってきますが、目的地に飛ぶことはできません。

振替は、自社または他社の航空便に乗せかえることです。会社都合による欠航の場合は、他社が運航している場合も多いので、他社便に振り替えてもらえることもあります。

ただし、他社便に振り替えてくれるのは、いわゆるレガシーキャリア(従来型の航空会社)だけです。格安航空会社LCCなど一部の航空会社は他社便振替は行っていません。JAL、ANA、スカイマークなどは他社便振替を実施しています。

一方、不可抗力の場合は、他社便振替はなく、自社の後日便への振替が原則になります。天候不良でA社が欠航した場合、たとえばB社が飛んでいたとしてもB社への振替はできない、というのが原則です。

豪雪

ホテルや食事の提供はしてもらえるの?

欠航した場合に、航空会社はホテルなどの宿泊施設や食事の提供をしてくれるのでしょうか。

これはケース・バイ・ケースですが、悪天候のような不可抗力による欠航の場合は、宿泊・食事の提供は基本的にありません

悪天候によらない航空会社都合の欠航の場合は、航空会社がホテルや食事を用意する場合があります。ただし、「必ず用意される」というものではありません。格安航空会社LCCでは、ジェットスターを除き、いかなる欠航でも宿泊施設などの提供はありません。

宿泊費を航空会社が負担してくれる場合は、基本的に実費負担です。あとで航空会社に費用請求する際に領収書が必要ですので、かならずもらっておきましょう。

欠航したら、どうしたらいいのか

飛行機の欠航は、あらかじめ分かっていれば航空会社からメールなどで連絡があります。メールの連絡がなくても、航空会社のホームページに掲示されます。

そのため、飛行機に乗る日は、家を出る前に航空会社ホームページをまず確認しましょう。その時点で欠航がわかったら振替があるかどうか確認し、振替がある場合は、なるべく早くその手続きをすることです。

振替の手続きは、大手航空会社はインターネットでも可能ですし、空港カウンターか電話予約センターでも対応してくれます。空港では長い行列ができますので、欠航を知ったらなるべく早く並びましょう。電話もラクでいいですが、欠航時にはなかなかつながりません。

返金は後日でも大丈夫なので、当日、空港カウンターに並ぶ必要はありません。翌日や翌々日など、状況が落ち着いてから電話予約センターに連絡すればいいでしょう。返金は購入したクレジットカードか、銀行振込で行われます。欠航時の返金手続きも、大手航空会社ではインターネットで操作可能です。

振替に手数料はかかる?

欠航によって飛行機を振り替えるときに、振替手数料は不要です。航空運賃の差額も必要ありません。

大量欠航時にはどうしたらいい?

悪天候やシステム障害の際は、大量欠航が発生します。その場合は、空港カウンターは大行列で、電話予約センターもつながらず、ネットも重くて操作できないという状況に陥り、打つ手がなくなってしまいます。

このときは行列するよりも、とりあえず自腹で払って、飛行機以外の代替交通機関を探すか、ホテルの確保を先にしてしまうのがいいでしょう。自腹で払っても後で航空会社がそれを負担してくれるわけではありませんが、大行列に並んでいるよりも、他の交通手段を探した方が目的地に早く着けるかもしれませんし、身体の消耗を防げます。

急がないなら、その日の搭乗は諦めて、家が近いなら家に帰るのも一つの方法です。空港で待ち続けても家に帰っても、状況は変わりませんから、疲れないことが大事です。

急ぐ場合は、行列に並びながら、スマホから電話予約センターに電話をかけ続けましょう。なかなかつながりませんが、二つの手段を並行利用することは有効です。

節約旅行に徹するなら、空港でのんびり待つしかありません。行列に並んでも疲れますし、待っていればそのうち航空会社から案内があるかもしれません。国内線の場合は、大抵1日待てば事態は改善します。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP