トップ > 基礎知識 > キャンセル

飛行機の予約をキャンセルするには?

飛行機で「キャンセル」と言った場合、二つの意味があります。一つは旅客が飛行機に乗るのをやめること。もう一つは航空会社による欠航です。台風や大雪で飛行機が飛ばなくなることを「今日のフライトはキャンセル」などと言ったりします。

ここでは、一つ目の「旅客が飛行機に乗るのをやめること」の意味でのキャンセルについて説明します。航空券を買ったのに搭乗しない場合、どうやってキャンセルすればいいのでしょうか。また、その場合のキャンセル料はいくらくらいかかるのでしょうか。

ここでは、飛行機のキャンセル料とキャンセル方法についてわかりやすく解説します。

なお、飛行機が欠航になった場合の返金の扱いなどは「欠航時の対応」の項目をご覧ください。

広告

飛行機のキャンセルは出発時刻前に!

飛行機に乗らないと決まったら、まずはその飛行機の出発時刻前に連絡することが鉄則です。出発時刻前と後とではキャンセルに関する手数料に差があり、出発後では戻ってくる金額が少なくなるか、全くお金が戻ってこないこともあるからです。

空港までのバスの遅れなどで乗り遅れることが確定しまった場合も、出発時刻前に電話などでキャンセルを伝えましょう。

飛行機のキャンセルはどう手続きする?

飛行機に乗るのをキャンセルする場合の手続きは「取消」と「払戻」に分かれます。取消とは、飛行機の予約を取り消すこと、払戻とはチケット代金を返してもらうことです。

飛行機のチケットを購入するときは「予約する」と「航空券を購入する」の2段階があります。チケットをキャンセルするときにも「予約を取り消す」「航空券を払い戻す」という2段階があるのです。

「取消」と「払戻」の手続きは、通常一体で行われます。ですから深く意識する必要はありませんが、段取りとしては2段階ある、ということを理解しておきましょう。

飛行機のキャンセル料のしくみは?

飛行機を実際にキャンセルするときは、取消手数料と払戻手数料の2つの手数料がかかります。

取消手数料は運賃種別ごとに定められていて、たとえば普通運賃なら無料です。「旅割」や「先得」などの早期購入割引運賃の場合は、数千円の取消手数料が必要です。

払戻手数料は、航空券そのものを払い戻すときにかかる手数料で、どんな運賃種別の航空券でも払戻時には必要です。金額は航空会社ごとに一律に決められていて、400円〜500円程度です。

つまり、
「購入金額」−「取消手数料」−「払戻手数料」=「返金額」
となります。

この「取消手数料」と「払戻手数料」をあわせた金額が「キャンセル料」と考えておけばいいでしょう。

広告

飛行機のキャンセル方法

飛行機のチケットをキャンセルするには、インターネットと電話、窓口の3つの方法があります。一番簡単なのは電話です。航空会社の予約センターに電話して、キャンセルの便名、予約番号、氏名などを伝えればキャンセルできます。

インターネットでは「予約確認・変更・取消」などのページにアクセスし、自分の予約内容を表示させます。その画面に「取消」というリンクがありますので、そこからキャンセル手続きに進みます。

キャンセル時のお金はどうやって戻ってくるのでしょうか。これは、「支払った方法で返金する」というのが原則です。クレジットカードで支払ったらクレジットカードに返金されます。クレジットカードの引き落としの際に、返金分が相殺されるということです。返金額が高額の場合は、クレジット会社が引き落とし口座に振込をしてくれます。

現金で購入した場合は航空会社の窓口で現金で払い戻してくれます。あるいは、銀行振込も可能です。コンビニエンスストアで購入した場合も、銀行振込が基本になります。

こうした返金方法のルールは、航空会社によって若干異なります。

旅行会社で購入した場合の注意点

旅行会社で航空券を購入した場合は、原則としてその旅行会社でしかキャンセル・返金ができません。したがって、キャンセルをする場合もまずはその旅行会社の窓口に行くか、電話をしましょう。航空会社に電話しても、キャンセルの手続きすらできない場合があります。

旅行会社で現金購入した場合は、窓口で返金されますし、旅行会社でクレジットカードで購入した場合は、クレジットカードで返金になります。

コンビニエンスストアで購入した場合の注意点

コンビニエンスストアで購入した場合は、キャンセル手続きは航空会社のホームページや電話予約センターでできます。

返金時にはコンビニで購入した際の「お客様控え」のレシートが必要になる場合があります。したがって、このレシートは飛行機の搭乗が終わるまで絶対になくさないようにしましょう。

出発時刻後のキャンセル

飛行機の出発時刻が過ぎてしまった場合も、乗らなかったのなら返金が受けられる場合があります。返金されるかどうかは航空券の運賃種別によります。

出発時刻後に返金が受けられる場合でも、出発日から10日以内が原則です。それ以降は一切の払い戻いは受けられません。乗り遅れた場合などは、すぐに返金手続きをしましょう。