トップ > 基礎知識 > キャンセル待ち

「キャンセル待ち」で飛行機に乗る方法

予約画面で満席の表示がされていても、飛行機に乗る方法があります。それがキャンセル待ちです。キャンセル待ちを上手に使うと、満席のはずの飛行機の座席をゲットできます。

ただ、飛行機のキャンセル待ちのしくみは少し複雑。慣れていないと、どうすればキャンセルにありつけるのかわからないものです。

ここでは、飛行機のキャンセル待ちの方法と、どうやったら乗れるかをわかりやすく解説していきましょう。「出発2日前まで」と「出発当日」の2通りについて説明します。

広告

キャンセル待ちの基本戦術

インターネットの空席検索をしたら、乗りたい便は「満席」の表示。こんなとき、JALやANAの場合は、「キャンセル待ち」での申込みができます。マイレージ会員だけのサービスですが、申し込んでおくと、空席が出たらメールで連絡をくれます。電話での申込みもできます。その場合は電話で連絡がもらえます。この方法が、キャンセル待ちの基本戦術です。

このキャンセル待ちは、出発2日前まで受け付けてくれます。ただし、あまりにキャンセル待ちが多いと、キャンセル待ち自体を受け付けてくれなくなることもあります。

キャンセルは本当に出るの?

お盆や正月などは、1ヶ月前に満席になってしまう便があります。こうした便のキャンセル待ちをしたとして、どの程度の確率で空席をゲットできるのでしょうか。

これは、はっきりしたデータはありません。ただ、旅行者の話を総合すると、3〜4週間前にキャンセル待ちをすれば、かなり高い確率で座席を確保できます。

それには理由があって、1ヶ月前に航空会社の販売座席が満席であっても、旅行会社用に別の座席がとってあるからです。旅行会社用の席が売れ残れば、航空会社の販売座席に繰り込まれるので、その時点で空席が発生します。

つまり、1ヶ月前の満席というのは、「その時点での販売枠での満席」にすぎないのです。その後、新たな販売枠が増えれば、キャンセル待ちの客に販売されます。

とはいえ、こうした旅行会社枠からの繰り込みは出発10日前までにはほぼ全て終わります。したがって1週間を切った段階では、キャンセル待ちをしても確保できる可能性は高くありません。

また、キャンセル待ちができるのはマイレージ会員だけです。そしてキャンセルが出た場合は、グレードの高い会員に優先して席が渡されます。そのため、マイレージの平会員の場合は、出発間際のキャンセル待ちで席を確保できる可能性は高くありません。

広告

スカイマークのキャンセル待ちの裏技

スカイマークは、こうしたキャンセル待ちの制度はありません。しかし、JALやANAと同様、キャンセル自体は発生します。

スカイマークでは、毎日深夜0時半から2時頃にかけて、1日に出た空席がまとめて検索に反映されるようになります。ですから、夜更かししてチェックしておくと思わぬ空席に巡り会えることがあります。これは、ちょっとした裏技です。

当日、空港で空席待ちをする

事前にキャンセル待ちをしても席が取れなかった場合は、当日空港で空席待ちをすることもできます。統計的に1%前後の客は予約を取っていても当該便に乗らないというデータがあり、予約が満席でも当日に空席が出ることは多いです。

空港でキャンセル待ちをするには、「予約のない航空券」と「空席待ち整理券」の2つを手に入れなければなりません。JALやANAの場合は、まず航空券を購入します。カウンターで買ってもいいですが、空港の自動チェックイン・購入機でも購入できます。

自動チェックイン機で航空券を購入した際には、当該区間の至近便が満席の場合は「空席待ち」ボタンが表示されます。そのボタンを押すと「空席待ち整理券」が出てきます。

自動チェックイン機がない場合は、「空席待ち受付カウンター」に行き、「空席待ち整理券」をもらいます。

「予約のない航空券」と「空席待ち整理券」の二つをもって、保安検査場を抜けて、出発ゲート近くの「空席待ちカウンター」の前で待ちます。出発時刻の15分前になり、空席が出れば、空席待ち整理券の若い順に呼び出しがあります。呼び出しの瞬間にいないと、次の順番の人に席が回されてしまい、「空席待ち整理券」は無効になるので注意しましょう。

呼び出されたら、空席待ちカウンターで航空券を提示して座席指定を受け、当該機に搭乗できます。

このとき、呼び出しの順番は、マイレージクラブのステイタスの高い順番からです。一般会員の優先順位は下になります。スカイメイトやシニア割引は、そのさらに後になります。

もし、空席待ちをしても乗れなかった場合、航空券は無手数料で払い戻してもらうことができます。払戻の手続きをカンタンにするために、現金での購入をおすすめします。

広告

空港の空席待ちで絶対に乗る方法

前述したように、満席便であっても乗らない人や乗り遅れる人は必ずいます。ですから、予約が満席でもかなり高い確率で空席は出ます。ただ、空席待ちをする人が多ければ、数席空いたところで乗ることはできません。

絶対にその日の飛行機に乗るためには、コツがあります。それは少しでも朝早く空港に行き、空席待ち整理券を真っ先にもらうことです。

空席待ち整理券は1日通算ですので、たとえば9時の便に乗れなかったら、同じ整理券で10時の便を待つことができます。それに乗れなくても、ずっと待っていて夕方の便に空きが出れば乗れるかもしれません。ところが、午後に空港にやってきて空席待ち整理券をもらっても、朝から待っている人から順番に乗りますので、結局その日のうちに飛べなかった、ということになったりします。

JALやANAでは、後から来たマイレージの上級会員に先に乗られてしまうこともあります。スカイマークに関しては、そうした「階級制度」はありませんので、空席待ちは全員平等です。ですから、スカイマークのほうが「待てば乗れる」可能性は大きいかもしれません。

空席待ちのコツとしては、同じ区間を複数の航空会社が運航している場合は、とにかく全ての会社の空席待ち整理券を確保しておくことです。自分の前に待っている人数は聞けば教えてくれますので、確認しながらもっとも早く乗れそうな航空会社のカウンターの前で待っていましょう。

この場合、JALかANAの普通運賃の「予約のない航空券」を1枚持っていれば、どちらか空席の出た方の便に乗ることができます。普通運賃ならば、JALのチケットでANAに乗ること(またはその逆)ができるからです。

なお、JALやANAの上級会員優先のシステムは、会員本人だけが対象になります。同行者は一般と同じ扱いになりますので、注意してください。

保安検査場を出入りできる?

空席待ちカウンターは、多くの空港で保安検査場の中(制限区域)にあります。そのため、呼出開始時刻に行ったものの呼ばれなかったとき、再度、保安検査場の外に出ることができます。保安検査場で事情を伝えましょう。乗れずに諦めるときも同様です。

保安検査場を出るときは検査は不要ですが、再び保安検査場から制限区域に入るときは、もう一度保安検査を受ける必要があります。

預け荷物はどうするの?

飛行機に預ける手荷物がある場合、通常は保安検査場に入る前にカウンターで預けます。しかし、空席待ちの場合は異なり、預ける荷物を持ったまま保安検査場を通過し、空席待ちカウンターで待ちます。呼び出されて座席が確保できれば、空席待ちカウンターで荷物を預けることになります。