トップ > 東京発着 > 東京〜長崎

羽田・長崎のお得な利用法

東京(羽田)から長崎は、関東と西九州を結ぶ路線で、ビジネス客や観光客の利用者が多い区間です。就航している航空会社はJAL、ANAの大手と、スカイマーク、ソラシドエアの計4社です。このうち、スカイマークは、途中で神戸に立ち寄る経由便です。

運航本数が多いのはJALですが、ANAはソラシドエア便の全てとコードシェアをしていますので、便名で多いのはANAになります。航空各社の座席数が多いためか、割引運賃の数は比較的豊富で、前日まで購入できる格安チケットもあり、利便性が高いといえます。

東京(羽田)〜長崎の所要時間は、約2時間です。ただし、スカイマークは経由便ですので約3時間かかります。

ここでは、飛行機で東京〜長崎間を格安料金で行く方法をご紹介します。

広告

ひと目でわかる東京〜長崎の格安チケットと値段リスト

JAL:日本航空
ANA:全日本空輸
SKY:スカイマーク
SNA:ソラシドエア

普通運賃
JAL/ANA 40,290円
SKY 22,500円
SNA 37,790円
往復運賃
JAL/ANA 36,290円
SNA 31,290円
ビジネスきっぷ
JAL/ANA ビジネスきっぷ 34,240円
特定便割引(直前)
JAL「特便割引」 18,290円〜
ANA「特割」 26,890円〜
SKY「フリー」 12,700円〜
SNA「特売り」 19,790円〜
※JALは21日前、ANA、SKYは14日前、SNAは7日前期限の価格
特定便割引(早期)
JAL「スーパー先得」 10,190円〜
ANA「旅割」 10,090円〜
SKY「SKYバーゲン」 8,000円〜
SNA「バーゲン」 9,990円〜
マイル割引
JAL「おともdeマイル割引」 13,140円
ANA「一緒にマイル割」  13,140円
※マイル利用者の同伴限定
株主割引
JAL/ANA 20,290円
SNA 17,590円
※金券ショップなどで株主優待券を別途購入する必要あり
介護帰省割引
JAL 25,890円
ANA 26,290円
SNA 23,290円
身体障がい者割引
JAL/ANA 25,890円
SKY 15,400円〜
SNA 23,290円
シニア割引
JAL「当日シルバー割引」 13,590円
ANA「シニア空割」 12,590円
SNA「65歳からのシニア割」 14,790円〜
※JAL、ANAはとも予約不可で空席利用。
スカイメイト・学割
JAL/ANA「スカイメイト」 21,090円
SNA「予約のできるヤング割」 13,790円〜
※JAL、ANAは予約不可で空席利用。

※通常期の運賃の一例を表示しています。価格は変動しますので、ご利用時にはご自身でお確かめください。

各運賃の詳細については「飛行機の割引運賃の種類とまとめ」をご覧ください。

羽田〜長崎を飛行機で安く移動するコツ

飛行機の羽田〜長崎間は、JALとANAという大手航空会社2社の対決に、スカイマーク、ソラシドエアの中堅航空会社2社が絡む乱戦です。とはいえ、ソラシドエアはANAグループですので、事実上はJAL、ANAの大手とスカイマークが対決する区間といえます。

スカイマークは途中に神戸空港に立ち寄る経由便ですので、所要時間は1時間ほど余計にかかります。しかし、そのぶん価格は安く、1時間のロスが気にならない人にはお勧めといえます。大手2社の航空券価格は他の九州エリアとあまり変わらず、直前割引は前日まで購入可能で使いやすいですが、直前価格はあまり安くありません。安いチケットを狙うなら、早期予約が必要です。

早期予約はJAL、ANA、SNAも格安運賃を提示しています。ただし、キャンセル時の手数料には要注意。大手2社とSNAのキャンセル手数料は高額です。いっぽう、スカイマークは直前でも比較的手ごろで、キャンセル料も安い運賃を用意しています。

ソラシドエアはシニアやヤング割など、利用者の属性に合わせた多彩な運賃があるのも特徴です。一方、スカイマークにはそうした運賃はありません。こうした特徴も上手に利用するといいでしょう。

中堅2社と大手2社の運賃を冷静に比較する、というのが東京〜長崎間を安く移動するコツといえるでしょう。