トップ > 基礎知識 > 探し方

飛行機って、どの区間を飛んでいるの?

飛行機の路線ってどこに飛んでいるのでしょうか。どこからどこへ飛んでいるかを、どうやって探せばいいのでしょうか。また、乗り継いだりするときに、どういうルートが最短かを探すにはどうしたらいいのでしょうか。

自分の乗りたい区間や経路が決まっていれば、飛行機の路線の探し方は簡単です。しかし、経路がわかっていない場合は、ちょっと面倒かもしれません。

この項目では、飛行機の路線の探し方をわかりやすく解説します。

広告

空港のホームページで路線を探す

飛行機の路線の簡単な探し方は、利用する空港のホームページを見ることです。たとえば岡山空港なら、岡山空港のホームページを見ると、同空港発着の全路線の時刻表が掲載されています。

羽田空港のような大きな空港では、全路線の一覧時刻表はありませんが、検索ができるようになっています。こうした検索で、その区間にどんな航空会社が運航しているかがわかります。

航空会社のホームページで探す

JALやANAといった航空会社の時刻表で探すこともできます。この場合は、予約画面から、出発地と目的地を入力して便があるかどうかを探すのがいいでしょう。

紙の時刻表で探す

紙の時刻表でも路線を探せます。JTBなどの大型時刻表には国内線の全路線の航空ダイヤが掲載されています。紙の時刻表ならば一覧で眺めることができるので、自分が気づかない路線を見つけることができたりします。

また、各航空会社はそれぞれパンフレットタイプの紙の時刻表を無料で配っています。旅行会社などに行けばもらえますので、それで確認するといいでしょう。JAL、ANAの両方の時刻表をもらいましょう。

乗り継ぎをどう探すか

直行便がない場合や、あっても時間があわない場合は、乗り継ぎを探すことになります。たとえば、青森から鹿児島など、地方空港間は航空路線がありませんので、飛行機を乗り継がなければ、目的地に着くことはできません。羽田や伊丹から沖縄や長崎の離島へ行く場合も、たいていは乗り継ぐ必要があります。

乗り継ぎ便については、各航空会社のホームページで出発地と目的地を入れれば検索することができます。途中で乗り継ぎを含む便が表示されます。

異なる航空会社を乗り継ぐ場合は、それぞれの区間ごとに検索するしかありません。乗り継ぎ地点は、だいたい、新千歳、羽田、伊丹、関西、福岡、長崎、鹿児島、沖縄といった拠点または準拠点空港です。これらのルートの時刻表を調べていけば、乗り継げる路線がわかるでしょう。