トップ > 基礎知識 > 欠航理由

飛行機の欠航基準と理由

台風や大雪になれば、飛行機は欠航します。しかし、少しの風雨なら飛行できます。その基準はどうなっているのでしょうか。また、天候以外での欠航にはどういう理由があるのでしょうか。同じ天気でも、航空会社によって飛んだり飛ばなかったりするのはなぜでしょうか。

飛行機に欠航はつきものですから、利用する際には欠航の可能性を頭の片隅に入れておかなければなりません。どういうときに欠航するかを知っておくことは大切です。

ここでは、飛行機の欠航の理由や基準についてわかりやすく解説します。

広告

飛行機は「横風」に弱い

飛行機は風に弱い乗り物です。飛んでいるときは風がどれだけ吹いていても問題ないのですが、強い風が吹いているときに安全に離着陸することは困難です。

強い風でも滑走路に対して向かい風なら問題は少ないのですが、横風は大問題です。着陸直前に横風にあおられると、翼が地面に付着して大事故になってしまうからです。そのため、強い横風が吹いた場合、飛行機は離着陸できず、欠航になります。

「視界不良」も欠航要因に

「視界」も問題です。飛行機が着陸する際は、滑走路が上空から見えている必要があります。どのくらいの距離で見えていれば問題がないかは空港や飛行機の装備によって異なりますが、たとえば視界がほぼゼロの濃霧では着陸できません。そのため、濃い霧が発生しても、やはり飛行機は欠航になります。

雨や雪は程度によりけり

大雨や大雪でも飛行機は欠航になることがあります。雨が強くても風が弱ければ欠航になる確率は低いでしょう。飛行機は雨そのものには弱くありません。

雪に関しては、滑走路の除雪が間に合わない水準になると滑走路が封鎖され欠航になります。しかし、北海道のような雪対応がしっかりしている空港の場合は、少々の雪では欠航になりません。

雪による欠航は、雪そのものより、吹雪いたりして視界が悪くなることが理由の場合が多いです。

広告

欠航基準は機種や航空会社によって異なる

同じ区間をA社は飛んでいるのに、B社は欠航、というような場合もあります。その理由はいくつかあります。

ひとつは機種の違いです。機材によって「横風制限」が異なるからです。たとえば、ボーイング777は乾いた滑走路状態で38ノットの横風まで離着陸ができます。これに対し、ボーイング767は横風制限が29ノットです。

機種による横風制限は航空機メーカーによるテスト値で、実際は航空会社によっても運航基準が異なります。つまり、航空会社や機種によって、運航するかどうかの基準は異なるのです。そのため、A社は飛んでいるのにB社は欠航、というような場合も出てきます。

パイロットの資格の違いもあります。視界が悪くても離着陸できる資格を持っているパイロットと、そうでないパイロットがいます。その日のパイロットの資格と天候によっては、A社とB社で運行するかどうかの違いが生ずる場合もあります。

機材繰りによる欠航も

天候による欠航のほか、飛行機には「機材繰りによる欠航」もあります。機材が用意できないから運休する、というものです。

「機材繰り」には「整備不良」なども含まれますし、利用予定の機材が天候の影響で到着しなかった、などといった場合もあります。

要員繰りによる欠航や、システム障害も

そのほか、パイロットが体調を崩したりして、代わりの要員が確保できなかった、などというケースもあります。これは「要員繰りによる欠航」ですが、かなりレアなケースです。

システムやネットワーク障害が起きると欠航が起こる場合があります。航空会社のシステム障害なら、その航空会社が欠航になるだけですが、空港全体で障害が起きると、全航空会社がストップします。

こうしたシステム障害は、大規模欠航につながります。利用者が予期することはできませんし、復旧までの時間も計りかねるので厄介です。

飛行機が欠航したらどう対応したらいいのかは、「飛行機が欠航したらどうすればいい?」の項をご覧ください。