トップ > 運賃 > 事前購入割引運賃

事前購入割引は格安航空券の基本!

飛行機の割引運賃の基本は「事前購入割引」です。これは、1日前、3日前、7日前など、特定の日にちまでに予約することで割引になる運賃で、格安航空券の主流です。

「特便割引」(JAL)、「特割」(ANA)、「前割」(SKY)などという名称が付けられています。名称やしくみは異なりますが、ほぼ全ての航空会社で設定されています。

事前購入割引運賃には、購入期限が設けられています。「前日まで」というのもありますが、早期の場合は「60日前まで」や「75日前まで」などというのもあります。早く買えば買うほど割引率は高いですが、キャンセル料も高く設定される傾向にあります。

ここでは、飛行機の事前購入割引運賃について解説します。

広告

事前購入割引運賃の基本ルール

事前購入割引運賃のルールは航空会社によって異なります。ただ、JALやANAといった大手航空会社のルールはだいたい同じです。すなわち、以下がポイントになります。

  • 購入期限がある(前日〜75日前など)
  • 予約変更不可
  • 予約取消の場合のキャンセル料が高額(2000円〜5000円程度)

つまり、予定が完全に固まっていてその便に絶対に乗るのなら安いですが、何か都合が悪くなって便を変更する場合は、高いキャンセル料を支払って取り直さなければならない、というのが基本的なルールです。

予定が立てやすい学生さんには向いていますが、予定の立てにくいサラリーマンには使いにくい格安チケットです。

JALの事前購入割引運賃は「先得」など

JALの事前購入割引運賃には「特便割引」「先得割引」「スーパー先得」などがあります。割引率は最大で80%程度です。いずれも予約変更不可、出発前のキャンセル料は最大で支払額の50%です。

ANAの事前購入割引運賃は「旅割」など

ANAの事前購入割引運賃には「特割」「旅割」などがあります。割引率は最大で80%程度です。いずれも予約変更不可、出発前のキャンセル料は最大で支払額の63%です。

スカイマークの事前購入割引運賃は「前割」「SKYバーゲン」など

スカイマークの事前購入割引運賃には「前割」「SKYバーゲン」「SKYセール」「いま得」があります。「前割」は、条件付きですが普通運賃への変更が可能です。割引率が高いのは「SKYバーゲン」です。「いま得」は、LCCタイプの変動型運賃で、必ずしも「前割」などより安いわけではありません。

ルールは「前割」は一部予約変更可で取消手数料は出発前で最大3000円。「いま得」は予約変更不可で、取消手数料は最大5500円、「SKYバーゲン」は予約変更不可、出発前のキャンセルもできません。

LCCの事前購入運賃

ジェットスター、ピーチ、バニラといった格安航空会社LCCは、運賃が変動制なので、早く買えば安い、とは限りません。ただ、おおざっぱな傾向としては、早く購入すると安くチケットを買えます。

LCCの場合は、運賃種類によって予約変更可と予約変更不可があります。また、キャンセルはほとんどの運賃で不可です。

広告

事前購入割引運賃の上手な使い方

価格は安いがキャンセル料は高い、というのが事前購入割引運賃の特徴です。とはいえ、普通運賃より価格が1万円安ければ、3000円のキャンセル料を3回支払ってもまだ安い、という考え方も成り立ちます。ですから、そのチケットが「いくら安いのか」を確認したうえで、キャンセル料の価格と見比べるといいでしょう。

事前購入割引運賃は、発売初期の60日前までのチケットが特に安くてお得です。しかし、閑散期は1週間前くらいでもそれなりに安いチケットが取れることもありますので、あまり早くチケットを買う意味はないかもしれません。

ある程度予定が見通せるなら、キャンセル料が高くても60日前チケットは価値があるでしょう。とくに、ピーク時は狙い目です。ピーク時は事前購入割引運賃はあっという間に売り切れますので、早めに確保しておくといいでしょう。

週末やピーク時の人気便に乗りたいなら、キャンセルのリスクがあっても事前購入割引運賃を使うべきですし、閑散期なら21日前を切ってからでも十分間に合うので、日程が固まってから購入したほうがいいかもしれません。

航空会社別に見ると、スカイマークの「前割」は、キャンセル料が安く、変更も可能で便利です。価格も安いですので、スカイマークが就航している区間では、「前割」がおすすめです。